コミュニティ

2018/08/27追記
Twitchのコミュニティ機能は本日付けで廃止になりました。よって、こちらに載せている情報は全て古いものとなります。

コミュニティに変わるものとして『タグ』というものがリリースされています。

Twitchコミュニティ

Twitchにはコミュニティ機能というものがあり、配信の際にコミュニティを設定することができます。

チーム』機能に似ていますが、チームは招待制で誰でも入ることができないものなのに対し、コミュニティによって使用ルールなどはありますが基本的にコミュニティは誰でも自由に利用することができます。

コミュニティとは

コミュニティはTwitchユーザーが自由に作ることができるもので、非常に多くのコミュニティが存在しています。

ゲームのタイムアタックのコミュニティである”Speedrunning”や、LoLのコミュニティである”League-of-Legends”、さらに日本のものだと日本に関係した配信なら誰でも利用できる”Japan_Stream”などがあります。

コミュニティは配信の際に合計3つまで登録することができます。
自分の配信チャンネルにコミュニティ名は載りますし、コミュニティページから自分の配信を見つけて視聴してくれる場合もあります。コミュニティは自分の配信に合ったものを選ぶとよいでしょう。

コミュニティのルール

Twitchコミュニティルール

コミュニティのルールはコミュニティのページの上部タブ(ライブ配信中のチャンネル、詳細)とあるところで、詳細のほうを選択すると読むことができます。

コミュニティのルールによってはこれを行うとBANをする、といったようなことが書かれている場合もあるのでちゃんと読みましょう。

コミュニティの作り方

コミュニティはTwitchの”コミュニティ”ページから作ることができます(右の”コミュニティを作り上げましょう”というボタンから)。

コミュニティを作成するためには

  • アカウントを作成してから、90日以上が経過している
  • 二段階認証を設定しているアカウントである

という2つの条件があります。

また、1アカウントで作ることのできるコミュニティの数は5つまでとなっています。

コミュニティの設定

コミュニティを作ると、コミュニティのルール作りや詳細文の作成、また自分以外にもコミュニティを管理するモデレーターの設定やBANするチャンネルなども設定することができます。

アバター画像やカバー画像も設定することができます。
アバター画像の推奨サイズは”600×800”pxで容量1Mb未満、カバー画像の推奨サイズは”1200×180”pxで容量3MB未満となっています。







更新日:

Copyright© Twitchメモ書き , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.